インフィニオン、8ポート対応版10BaseSチップセットを発表。2001年第4四半期に出荷開始へ | RBB TODAY

インフィニオン、8ポート対応版10BaseSチップセットを発表。2001年第4四半期に出荷開始へ

ブロードバンド その他

 インフィニオンテクノロジーズ(独)は、既設電話線を使って12.5Mbpsの通信が可能な「オクタル10BaseS」(8ポート10BaseS)チップセットを発表した。既存の1ポート版と比較して、ポートあたりのコストを25%以上削減できる。10BaseSは、VDSLでイーサネットの通信をおこなうもの。伝送距離は1,200メートルで、通常のイーサネットよりも長距離の通信が可能なため、テナントビルや集合住宅内でのネットワーク構築に適している。

 インフィニオンの10BaseSチップセットは、標準で12.5Mbps、最大で15.6Mbpsの伝送速度が利用可能となっている。また、非対称設定の場合、最大25Mbpsまで設定可能。

 今回発表された8ポート版は、DSLAMやスイッチなどでの使用を見込んでいる。ポート単価は15米ドル(5万セット/40万ポート受注時)。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top