ソニーが医療情報を発信するインターネット放送局「メディカル・チャンネル」を開設 | RBB TODAY

ソニーが医療情報を発信するインターネット放送局「メディカル・チャンネル」を開設

ブロードバンド 回線・サービス

 ソニーは、医療従事者向けに学会や医学講座などの医療情報を専門に発信するインターネット放送局「メディカル・チャンネル」を開設した。本日より、「第65回日本循環器学会総会・学術集会」と「ハーバード・チャンネル」の一部を無料でインターネット放送開始している。

 メディカル・チャンネルは、学会や医療セミナー、国内外の教育機関などの医療講座などの医療情報番組を、動画や音声、スライド資料を組み合わせてオンデマンド方式で配信する。一部の番組を除いて、登録・視聴は無料となっている。オンデマンド配信することで、実際に学会等に行く機会を逃がしても、最新技術の情報を収集することが可能となる。

 注目となるのは、9月1日から講座が開始される有料の「ハーバード大学医学講座(ハーバード・チャンネル)」だろう。ハーバード・チャンネルは、ハーバード大学メディカルスクールが医師の生涯学習教育用に開催している医学講座を、ソニーがWeb化したものである。この番組は、ソニーと米国ハーバード大学メディカルスクールの国際部門「ハーバード・メディカル・インターナショナル」が提携して開設された。全講座を受講すると、終了時にハーバード大学発行の終了認定書を取得できる。

 今後は、学会チャンネルや企業チャンネルなどを開設したり、ハーバード・チャンネルのように、教育機関との提携により医療講座を設けたりするとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top