滋賀ケーブル、アカデミックディスカウントの導入と低料金サービス実験を開始 | RBB TODAY

滋賀ケーブル、アカデミックディスカウントの導入と低料金サービス実験を開始

ブロードバンド 回線・サービス

 滋賀ケーブルネットワークは、教育機関に向けたアカデミックディスカウントを導入すると共に、低料金サービス提供に向けた試験サービスを開始する。

 アカデミックディスカウントは、教育機関に向けたサービスで、滋賀ケーブルネットワークのインターネットサービスを導入することで、50〜35%の割引率を導入する。

 同時に、滋賀ケーブルネットワークは、低料金プランの提供を前提とした、サービス試験を開始する。新たに加わるメニューはライトコースプラスとライトコースで、いずれも下り64kbpsのサービスとなる。ライトコースプラスは、標準でPCを8台まで接続でき、ライトコースはPCが1台となる。料金は、ライトコースプラスが月額4,800円、ライトコースが月額4,000円となる。

 低料金プランは10月より商用サービスとして提供する予定でおり、それまでの間は、試験サービスとして提供するもの。これまでの1Mbpsの標準コース(月額6,000円)に対して、より安価なサービスを提供することで、インターネットへ常時接続できる環境を提供する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top