スピードネット、計画前倒し。明日よりさいたま市全域にエリア拡大。杉並、練馬は8月下旬より | RBB TODAY

スピードネット、計画前倒し。明日よりさいたま市全域にエリア拡大。杉並、練馬は8月下旬より

ブロードバンド 回線・サービス

 スピードネットは、明日よりさいたま市全域にサービスエリアを拡大するとともに、以後のサービスエリア拡大を前倒しする。

 さいたま市の一部で実験サービスを開始して流れから、スピードネットは、5月25日よりさいたま市の一部で商用サービスを開始していた。スピードネットは第一期のサービス拡張エリアとして、さいたま全域への拡張をアナウンスされていたが、同社は、当初予定を1か月くりあげ、さいたま市全域でのサービスを明日より開始する。

 同時に、今後のエリア拡張スケジュールも前倒しし、8月下旬に杉並区、練馬区で申し込み受付を開始し、12月に東京都三鷹市、府中市、調布市、小金井市、国分寺市、国立市、狛江市、川崎市高津区、多摩区、宮前区へと拡大する。また、来年2月には横浜市神奈川区、保土ヶ谷区、港北区、旭区、緑区、青葉区、都築区、千葉県市川市、船橋市、浦安市でサービスをスタートする予定でいる。

 現在、スピードネットの利用者は、本日の段階で597加入数となっており、拡大予定エリアでの事前登録件数は2,700件あるとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top