トレンドマイクロ、7月のウイルストップ10を公表。サーカムが半月で425件 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、7月のウイルストップ10を公表。サーカムが半月で425件

ブロードバンド その他

 トレンドマイクロは、7月1日〜31日までに同社のサポートセンターへの情報をもとにランク付けした「マンスリーウイルスランキング」を発表した。

 第1位は、先月同様「MTX」(マトリックス)が被害件数511件でトップとなった。2位には、7月17日に確認されたばかりの「TROJ_SIRCAM.A」(サーカム)が425件で登場した。同社のウイルス解析担当者は、「約2週間で400件以上というサーカムの感染速度は驚異的」であるとコメントしている。3位はPE_MAGISTR(マジストラ)が310件、4位にはTROJ_HYBRIS(ハイブリス)が147件などの常連ウイルスが続いている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top