日本デジタル配信、渋谷駅内店舗に端末設置し、店舗関連情報発信と広告事業を展開 | RBB TODAY

日本デジタル配信、渋谷駅内店舗に端末設置し、店舗関連情報発信と広告事業を展開

ブロードバンド 回線・サービス

 日本デジタル配信は、東京急行電鉄、キューフロントと共に、駅内での情報配信サービスを開始する。

 スタートは東京急行電鉄が渋谷駅構内に設置するランキンランキンという新店舗となる。ランキンランキンの店舗内や壁面に8台の表示装置を設置し、端末を通して店舗情報と広告事業を展開するもの。ランキンランキンは、売れ筋ランキングによる人気商品と新製品だけを取り扱う店舗で、情報発信的な面を強く持つとしている。

 情報は電子映像を中心に配信し、店舗壁面には100インチサイズのLEDとバナー型LEDを通して、情報を発信し、店舗内には42インチPDPと字幕型LEDを利用する。こうした仕組みの中で、コンテンツはデジタル化され、IPベースでの送信を日本デジタル配信が受け持つことになる。

 店舗内で表示されるコンテンツは、一般的な広告映像、店舗で扱う新製品、売れ筋ランキング情報、キャンペーン、時事ニュース、天気予報といったものとなる。また、常に店舗との相乗効果を求めるとしている。

 日本デジタル配信は、デジタル放送サービス、電気通信サービス、駅マルチメディアサービスの三事業を中心に展開するとしており、渋谷駅店舗は駅マルチメディアサービスのファーストプロジェクトとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top