ガンバ大阪のメールアカウントが使えるインターネットサービス、8月11日よりサービス開始 | RBB TODAY

ガンバ大阪のメールアカウントが使えるインターネットサービス、8月11日よりサービス開始

ブロードバンド 回線・サービス

 Jリーグサッカーチームのガンバ大阪は、Panasonic Hi-HOと提携し、インターネット接続サービス「gamba-osaka.net」を8月11日より開始すると発表した。

 gamba-osaka.netは、月額2,000円、無制限の定額コース。このサービスの特徴は、メールアカウントが「@gamba-osaka.net」となることと、ガンバ大阪の選手とコミュニケーションできる会員専用のWebサイトが利用できること。アクセス手段には、フレッツ・ADSL/ISDN、ダイアルアップ、PIAFS2.0。

 8月末までに入会すると9月末までの基本料が無料に、また9月25日まで入会すると抽選で5名にガンバ大阪の選手5人のサイン入りグッズが当たるキャンペーンを実施する。

 Hi-HOでは、今後もこうした特定グループや団体と提携することで、インターネットサービスの強化を図るとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top