JANISネットワークが採用した米パラダインの「ホットワイヤ6350リーチDSLモデム」がJATE認証を取得 | RBB TODAY

JANISネットワークが採用した米パラダインの「ホットワイヤ6350リーチDSLモデム」がJATE認証を取得

ブロードバンド その他

 米パラダインのリーチDSL技術を用いた「パラダイン・ホットワイヤ6350リーチDSLモデム」(以下、リーチDSL)がJATE(電気通信端末機器審査協会)の認証を取得した。

 リーチDSLモデムは、交換局から3km以上離れていたり、ラインロスの激しい銅線でも、下り速度640〜960kbpsで接続できるというモデムである。日本では、長野県でADSLサービスを提供しているJANISネットワーク(長野県協同電算)が、今月から提供開始した新サービス「リーチコース」に同モデムを採用し話題を呼んだ。実際、JANISネットワークでのサービスでも、非常に良好な結果が出ているという。

 JATE認定を受けたことで、リーチDSLモデムは日本でも利用できるようになった。これで、距離や銅線の状態といった理由からADSLサービスを利用できなかったユーザにも、ブロードバンド環境を手にする日が来るようになるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top