NTT東西がBフレッツ マンションタイプに対応したHomePNA装置を発売。マンション内を最大速度10Mbpsを提供 | RBB TODAY

NTT東西がBフレッツ マンションタイプに対応したHomePNA装置を発売。マンション内を最大速度10Mbpsを提供

IT・デジタル その他

 NTT東日本/西日本は、既存集合住宅にインターネット接続環境を手軽に導入できるHomePNA装置「PN-10」を31日より販売開始する。

 HomePNA装置とは、既設の電話用配線を利用してインターネット接続環境を構築するシステムのことだが、従来製品の多くは最大速度が1Mbpsであった。PN-10はBフレッツのマンションタイプに対応、最大24ユーザに対して、下り10MbpsのFTTHサービスを提供することができる。

 PN-10は、以下の商品構成からなる。

  PN-10PKG(集合型用パッケージ):19,800円
  PN-10BOX(集合型ボックス。最大24枚まで搭載可能):99,800円
  PN-10E(体型HomePNA装置、Ethernetタイプ):29,800円
  PN-10U(単体型HomePNA装置、USBタイプ):18,000円
  PN-10フィルタ:1,900円

 同社らは、PN-10システムを年間4,000セット(東日本エリアで2,000セット、西日本エリアで2,000セット)の販売を見込んでいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top