東めた、ルータタイプのDSLモデムの最新ファームウェアをアップ | RBB TODAY

東めた、ルータタイプのDSLモデムの最新ファームウェアをアップ

ブロードバンド その他

 東京めたりっく通信は、FamilyおよびSOHOサービスの利用者を対象に、NECのDSLモデム(ATU32)に対応するルータタイプ用ファームウェアをバージョンアップした。Singleサービスはブリッジタイプなので、対応していない。

 主な変更点は、「ポートマッピング機能の追加」「WebGUI機能の追加」「DHCPクライアント数の上限の拡大」の3点。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top