PCIからセキュリティを強化したルータ。Dos Attack Protectionを検知してメール送信するルータ | RBB TODAY

PCIからセキュリティを強化したルータ。Dos Attack Protectionを検知してメール送信するルータ

IT・デジタル その他

 FW機能を搭載したブロードバンドルータがはやりだ。先日のアクトンに引き続き、プラネックスからもDos Attack Protectionに対応したセキュリティ面を強化した新しいブロードバンドルータ「BRL-04FW 」が発売となる。

 BRL-04FWは、NAT機能を搭載したブロードバンドルータだ。WAN側インターフェイスは10BASE-T、LAN側が10/100BASEが4ポートのスイッチングハブとなっている。スループット速度は、理論値で3.5Mbps。参考価格は32,800円。

 BRL-04FWの大きな特徴は、FW機能を大幅に強化したことにある。ステートフル・パケット・インスペクション方式に加え、Dos Attack Protection機能により、Dos攻撃を受けたときに、特定メールアドレスに攻撃を受けていることを通知する機能を持つ。また、マルチNAT機能にも対応し、最大で8つのWAN側IPアドレスに対してNATを利用できる。さらに、IPアドレスの取得としてPPPoEにも対応したことで、ケーブル、ADSLどちらでも利用できるルータとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top