KDDIがFTTHを主軸とした事業展開を予定。来年3月より東京と東海エリアで半年間の大規模FTTHトライアルを実施 | RBB TODAY

KDDIがFTTHを主軸とした事業展開を予定。来年3月より東京と東海エリアで半年間の大規模FTTHトライアルを実施

ブロードバンド その他

 光ファイバを主軸とするフルサービス、モバイルとの連携、情報家電の利用、セットトップボックスの利用などのブロードバンドサービスに対して、KDDIは積極的に事業展開すると発表した。

 同社が予定している事業は、大きく4つに分類される。1つは、IP電話や双方向性コミュニケーション、生活Naviサービス、セキュリティサービスなどのフルサービスの提供。2つ目は、携帯電話などモバイルツールのブロードバンド化に合わせたアプリケーションの連動。3つ目は、ホームゲートウェイと情報家電の利用による家庭内ネットワークの構築。最後は、パソコンを使わずに、テレビでのフルサービスの提供である。

 上記サービスを提供するために、同社はこれまで提供してきたバックボーンや顧客管理などのサービスのノウハウを活用して、QoSが可能なIPバックボーンの構築や認証・著作権管理保護プログラムなどのシステム構築を手がけていくという。

 また、上記サービスの技術検証とビジネスモデルを確立するために、2002年3月から約半年間、回線速度100MbpsのFTTH共同トライアルを無料で実施する。実験に際しては、ホームゲートウェイやセットトップボックス、レジデンシャルゲートウェイ、電話、カメラ、マイク、情報家電などが提供されることになっている。

 トライアルで提供されるサービス内容は、100Mbpsでのインターネット接続のほか、VoIP、VoD、ビデオチャットなどの双方向サービス、au連携サービス、生活に密着した情報を提供する生活naviサービス、音楽やカラオケなどの音楽サービス、ホームセキュリティなど。

 トライアル対象エリアは、東京都文京区と新宿区の一部(東京エリア)と愛知県豊田市の一部(東海エリア)の2か所。それぞれ300世帯と200世帯、合計500世帯という大規模なものとなる予定だ。東京エリアでは東京ケーブルネットワークと、東海エリアではひまわりネットワークとの共同実験となっている。

 現在、トライアルには、東京ケーブルネットワーク、ひまわりネットワーク、通信総合研究所、東芝、日本電気、日本アイ・ビー・エムなど16社が参加を予定している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top