DTIがD-Channelをリニューアル。エンターテインメント系コンテンツ配信を強化 | RBB TODAY

DTIがD-Channelをリニューアル。エンターテインメント系コンテンツ配信を強化

ブロードバンド その他

 2000年12月26日よりブロードバンドコンテンツ配信サイトとしてスタートしたドリーム・トレイン・インターネット(DTI)のD-Channelは、300kbps〜500kbpsの帯域で映像コンテンツを、56kbpsの帯域で音楽コンテンツを配信するエンターテインメント系の有料ブロードバンド用コンテンツ総合サイト「DREAM SCREEN」として生まれ変わることになった。DREAM SCREENのサービス開始は23日。

 DREAM SCREENで予定されているのは、次のとおり。あmた、今後は教育やゲームなど、ジャンルの拡大とさらなるコンテンツの充実を図る予定になっている。

・インターネット映画試写会
 封切り前の未公開新作映画をノーカットで、インターネット放送(定員制)

・HOLLYWOODPARTY4/幻の洋画劇場
 1970年以前の名画を、毎月10本ずつストリーミング放送

・インターネットショートドラマ
 週に1回、1話5分、10話完結のオリジナルドラマ「Happy Birthday〜柔らかなまなざし〜」の提供

・最新映画予告編
 約30本の最新映画予告編をストリーミング放送

・インディーズムービー
 「インディーズ・ムービーフェスティバル」への応募作品の中から数十作品を紹介

・Japan Music Download
 無料で、人気アーティストの最新曲が振るダウンロード(期間限定)

・ジーコのフットサル
 サッカーの英雄ジーコがコーチするフットサルレッスン映像(5タイトル)の提供
 
 23日より約1か月間をトライアル期間とし、一部のコンテンツは無料で利用できる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top