NTT-ME、アイドック、Secure Mediaが提携、暗号化によるセキュアな映像配信サービスの提供を開始 | RBB TODAY

NTT-ME、アイドック、Secure Mediaが提携、暗号化によるセキュアな映像配信サービスの提供を開始

ブロードバンド 回線・サービス

 NTT-MEとアイドック、Secure Mediaの3社は、ブロードバンド環境での有料コンテンツ配信向けに、暗号化されたセキュア映像配信システムを開発し、7月30日よりサービスの提供を開始すると発表した。Secure Media社が開発した「Indexed Encryption」方式は、暗号化時の負荷の軽いのが特徴。NTT-MEのXePhion映像配信サービス「PrimeStage」の付加サービスとして提供される。

 復号用の鍵はユーザ認証鍵ごとに毎回生成され、コンテンツの視聴回数や有効時間などの設定もできる。キャッシュサーバなどを介するネットワーク構成でも、問題なく視聴可能。

 ストリーミング配信とファイルダウンロード方式による映像配信の両方で使用でき、コンテンツの違法コピーを防止できる。当初RealVideo形式でスタートし、2001年10月1日からMPEG1/2/4での配信にも対応する予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top