DION、USBタイプのADSL接続用ソフトおよびWin2000・10BASE-Tタイプ用ADSL接続ツールをバージョンアップ | RBB TODAY

DION、USBタイプのADSL接続用ソフトおよびWin2000・10BASE-Tタイプ用ADSL接続ツールをバージョンアップ

ブロードバンド その他

 DIONは、ADSLモデムUSBタイプの接続用ソフトを1.01から1.07へバージョンアップし、次の3点を改善した。

・OS起動時にデフォルトでXpeed画面が表示されるタスクトレイに格納される
・スタンバイまたは休止状態時にADSLリンクランプが消灯する
・Windows Meへのドライバインストール時に20分後に自動切断されるチェックを外したことにより、自動的に切断されることがなくなる

 また、10Base-TタイプのADSLモデム利用時に、インターネット接続後にホームページの閲覧ができない等の症状が報告されていたが、これを改善する「ブロードバンドDION−ADSL接続ツール」も公開した。

 これらのソフトは、DIONのサイトからダウンロードできる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top