アライドテレシス、低価格WDM「CentreCOM WD1004」の受注を開始。1本のシングルモード光ファイバで4チャネルのギガビットイーサを35km伝送可能 | RBB TODAY

アライドテレシス、低価格WDM「CentreCOM WD1004」の受注を開始。1本のシングルモード光ファイバで4チャネルのギガビットイーサを35km伝送可能

IT・デジタル その他

 ネットワーク機器開発・販売のアライドテレシスは、低価格4チャンネルWDM「CentreCOM WD1004」の受注を開始したと発表した。CentreCOM WD1004は、2芯のシングルモード光ファイバ上を、4波長の波長多重によってギガビットイーサネット(1000BASE-SX/LX)を最大4チャンネル多重伝送できる装置。伝送距離は最大35km。

 広域ネットワーク構築にも対応できるよう、光ファイバ2本が独立して双方向通信を行うフォールトトレラント構成になっているほか、オプションで電源の多重化も可能。故障したユニットの交換も、ネットワークを停止させずに行える。また、オプションモジュールで遠隔管理にも対応している。


価格:
 CentreCOM WD1004(本体) 2,900,000円
 CentreCOM AT-WDM01(遠隔管理用モジュール) 80,000円
 CentreCOM AT-WDPWRAC(リダンダント電源) 150,000円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top