ACCS、10月に料金据え置きで2Mbpsへのアクセス速度アップやグローバルIPアドレス化などのサービス強化を実施 | RBB TODAY

ACCS、10月に料金据え置きで2Mbpsへのアクセス速度アップやグローバルIPアドレス化などのサービス強化を実施

ブロードバンド 回線・サービス

 ACCSnet(茨城県)は、10月にサービス内容の拡充を行うと発表した。拡充のおもな内容は、速度アップとグローバルIPアドレス対応の2点。速度については、下り2Mbps/上り512kbpsとなる(従来は下り512kbps/上り256kbps)。また、これまではプライベートIPアドレス・動的割当だったものが、グローバルIPアドレス・動的割当に変更となる。料金に変更はない。

 VoIPやネットワークゲーム、ビデオカンファレンスなど、グローバルIPアドレスが必要なアプリケーションはさまざまで、今回発表された変更は、ユーザに歓迎されるはずだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top