ストレージサービスでAIIとWebPocketが提携、月額500円/1Gバイトでサービス開始 | RBB TODAY

ストレージサービスでAIIとWebPocketが提携、月額500円/1Gバイトでサービス開始

ブロードバンド 回線・サービス

 エー・アイ・アイ(AII)は、ウェブポケットと提携して、大容量デジタルデータストレージサービス『WebPocket』の提供を開始した。

 このサービスは、インターネット上にある「WebPocketサーバ」に自分専用のフォルダ(ポケット)を作成し、動画や静止画などの大容量データを保管するオンラインストレージサービスで、ブラウザを使い、どこでも自分のフォルダ内のデータを利用することが可能だ。

 フォルダ内は、「ビデオ」「フォト」「ノンジャンル」などに分類されており、グラフィカルな操作画面で、ポケットに出し入れする感覚でデータを利用できる。

 動画は、サムネイル表示やストリーミング表示が可能。また、WebPocketが用意したストリーミングコンテンツの閲覧サービスもあり、その中から気に入ったコンテンツを自分のフォルダに保管することも可能になっている。

 月額利用料金は、保管容量に応じて1Gバイトまで500円、5Gバイトまで750円、15Gバイトまで1,000円と段階的に設定されており、利用開始月と翌月については無料で利用できる。

 AIIは、ブロードバンドインターネットをユーザー個々に対応したサービスとするために、『WebPocket』の提供に関して2段階のステップを計画している。その最初のステップとして、まずは今回の「データ保管・閲覧サービス」の提供を開始した。次なるステップとしては、同社が提供するコンテンツと連動したオリジナルコンテンツライブラリの提供や、投稿型、地域情報発信型といったコミュニティ的なサービスの提供を予定している。

 ウェブポケットは、ニフティとも同サービスで提携しており、サービスを提供している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top