[近畿総合通信局発表]5月末時点での近畿管内のDSL加入者は35,535に。フレッツ・ADSL加入が約7割を占める | RBB TODAY

[近畿総合通信局発表]5月末時点での近畿管内のDSL加入者は35,535に。フレッツ・ADSL加入が約7割を占める

ブロードバンド その他

 近畿総合通信局は、5月末時点で近畿管内でDSLサービスを利用している加入者が35,535契約になったと発表した。前月比では55.9%の増加となり、全国累積の加入者数と同じように増加している。

 ただし、5月末の全国合計は178,737契約であるため、近畿管内は全国の約20%を占めるにとどまっている。これは、サービスエリアが首都圏を中心に拡大されているため、5月末時点での近畿圏での開局数が首都圏に比べ少ないからだろう。

 回線数の内訳は、NTTのフレッツ・ADSLが24,980回線、NTT以外のDSL事業者が10,458回線となり、約70%がフレッツ・ADSLを利用していることが判明した。全国的にみると、NTTの占める割合は約53.6%であることから、近畿管内でのNTT占有率は突出しており、全国平均を押し上げる結果ともなっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top