ケーブルテレビ山形、下り速度最大512kbpsと3Mbpsの2コースへとメニュー改定 | RBB TODAY

ケーブルテレビ山形、下り速度最大512kbpsと3Mbpsの2コースへとメニュー改定

ブロードバンド 回線・サービス

 ケーブルテレビ山形が従来メニューを利用料・速度共に大幅に改定、下り速度最大512kbpsと3Mbpsの2つのメニューの提供へと切り替えた。また、多チャンネルとの同時利用の場合には、1,000円の割り引きも適用されるようになった。

 従来コースと新コースの比較は次のとおり。

  192kコース:廃止
  512kコース:9,480円 -> 4,980円に値下げ(同時利用では3,980円)
  3Mコース:6,980円(同時利用では5,980円)新設

 同社は、昨年末に64kbps〜1.5Mbpsまでのサービスメニューを一新し、192kbpsと512kbpsの2つのコースに切り替えたばかりである。

 今回のメニュー改定では、ADSLサービスの最高下り速度1.5Mbpsの倍の速度である3MbpsをADSLと同等の価格で提供していることに注目したい。また、512kコースも利用料が半額程度にまで下がり、利用しやすくなった。

 3〜4月にかけて、都内近郊では速度アップ&利用料値下げなどを含むサービス改定を行うCATV事業者が多かったが、この流れは地方にも波及しつつあるようだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top