続報:ヤフー、最高8MbpsのADSLサービス「Yahoo!BB(ヤフー・ビービー)」を月額2,280円で提供。申込受付は今夜0時から | RBB TODAY

続報:ヤフー、最高8MbpsのADSLサービス「Yahoo!BB(ヤフー・ビービー)」を月額2,280円で提供。申込受付は今夜0時から

ブロードバンド 回線・サービス

 ソフトバンクグループのヤフーは、同じくソフトバンクのグループ企業であるBBテクノロジー(旧エックステージ)と共同で、ADSL接続サービス「Yahoo!BB」(ヤフービービー/BBはBroadBandの略)を開始すると発表した。6月20日から受付開始で、7月末まで無料試験サービス、8月1日から商用サービスの予定。エリアは、東京23区を皮切りに、9月までには首都圏のほか、大阪、名古屋エリアまで拡大する予定。

 2,280円という月額料金の内訳は、ADSLサービスが990円/月、ISPサービスが1,290円/月。このほか、NTT回線使用料(電話回線共用で187円/月、ADSL専用回線で2,062円/月)が別途必要となる。

 ADSLモデムとスプリッタは買い取りかレンタルか選択できる。買い取りの場合は、モデムについては22,800円、スプリッタは1,800円だ。レンタルする場合は、レンタル料がそれぞれ必要となり、550円/月。内訳は、スプリッタが50円/月、モデムが500円/月となっている。スプリッタは電話回線共用時のみ必要。

 したがって、電話回線共用で機材をレンタルした場合、合計3,017円/月となる。機材をレンタルする場合、いわゆる「初期費用」はNTTの局内工事費のみとなる。

 通信速度は、下り最大8Mbpsで、Annex.Aを採用しているという。懸念されるISDN(INSネット64)との干渉だが、孫社長によればチューニングにより回避可能という。十分な速度(同社の基準では800kbpsという)が出ないユーザは10%未満とのことで、こうしたユーザについてはAnnex.Cを強化し距離が出るようにした機材(詳細は不明)を提供するという。

 申込受付は6月20日午前0時(今夜深夜)から開始。ヤフーの全ページから申し込みが可能になるとのことで、当初提供エリアの東京23区内については申込受付、その他予定エリアについては予約受付の形となる。

 なお、先着100万人については、標準工事費(8,800円)を無料にするキャンペーンを実施する。モデムなど接続機材は、6月分として2万台、7月分として20数万台を確保しているということで、他の事業者で見られた機材不足によるサービス提供の遅れの心配はなさそうだ。工事費無料対象の100万人というのは、ADSLの全利用者の合計が20万人前後の現状からするとかなり大きな需要予測という見方もできるが、同社では、ヤフーの知名度や、他社の半分以下という低料金で、この数字は比較的早期に達成できると見込んでいる。

 また、サービス名と同名のブロードバンド専用ポータルサイト「Yahoo!BB」では、ブロードバンドコンテンツ情報が提供されるほか、映画や音楽、ニュースなど有料コンテンツの提供もおこなわれる。このサイトは、ヤフー!BB接続サービスからのみアクセスできるとのことで、ブロードバンドコンテンツもストレス無くアクセスできる。

 低価格を支える事業構造としては、料金収入のほか、有料コンテンツや広告などを総合することで、事業として成立させるとしている。

 グループの豊富な資金力を背景に規模を目指すという事業モデルが成功するかどうかは、現時点ではやや不透明ではあるが、低料金で高速な通信が可能ということで、ユーザにとっては非常に魅力的なサービスが登場したといえるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top