マイクロ総研、NetGenesis CAT用のファームウェアをアップデート。PPPoE動作時のProxyDNS不具合に対処 | RBB TODAY

マイクロ総研、NetGenesis CAT用のファームウェアをアップデート。PPPoE動作時のProxyDNS不具合に対処

ブロードバンド その他

 マイクロ総研は、同社のレジデンシャルルータNetGenesis CAT向けの新ファームウェア「Ver3.506.01」を公開した。修正内容は、PPPoE(PPP over Ethernet)動作時にProxyDNSが動作しないという不具合への対応。配布アーカイブには、設定サーバとファームウェアが含まれる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top