ソニー、新しい動画配信フォーマット「MotionViewer」による配信サービスの提供を7月1日から開始 | RBB TODAY

ソニー、新しい動画配信フォーマット「MotionViewer」による配信サービスの提供を7月1日から開始

ブロードバンド その他

 ソニーは、7月1日から新しい動画配信フォーマット「MotionViewer」を使用する動画配信サービスの提供を開始すると発表した。この「動画ホスティング・サービス」は、まず共用サーバタイプから提供が開始される。100Mバイトのコンテンツをホスティングする場合、月額料金は15万円となる(最低利用期間3か月の場合)。MotionViewerフォーマットのほか、RealやWindowsMediaによる配信も提供される(WindowsMedia形式は8月より開始予定)。

 各受信者が視聴に使用するMotionViewerプレーヤーはJAVAアプレットのため再生できるプラットフォームが広く、プレーヤー自身のサイズも数10kバイトと小さいのが特徴。帯域に応じたコンテンツの自動選択などが可能だ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top