インターリンク、NTT東西のFTTH「Bフレッツ(仮称)」対応メニュー「ZOOT Bフレッツ(仮称)」を発表。月額2,000円で固定IPアドレスが利用可能に | RBB TODAY

インターリンク、NTT東西のFTTH「Bフレッツ(仮称)」対応メニュー「ZOOT Bフレッツ(仮称)」を発表。月額2,000円で固定IPアドレスが利用可能に

ブロードバンド 回線・サービス

 インターリンクは、NTT東西が提供を予定しているFTTHサービス「Bフレッツ(仮称)」に対応するメニューとして、「ZOOT Bフレッツ(仮称)」の提供を発表した。月額利用料金は2,000円(定額)で、固定IPアドレスが割り当てられる。膨大なトラフィックが予想されるBフレッツ対応サービスとしては、破格の料金設定と言えそうだ。

 東京エリアについては、NTT東日本によるBフレッツ(仮称)サービスの開始と合わせて順次サービスが提供される予定。その他の地域については未定。

 他のアクセス回線を使用するZOOTサービスと同様のオプションサービスが提供される。オプションは、メールアドレスの追加(200円/個)やホームページスペースの開設(20MB・200円/月)など。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top