アライドテレシス、家庭用ルータCentreCOM AR220Eのファームウェアをアップデート。PPPoE使用時の一部不具合を修正など | RBB TODAY

アライドテレシス、家庭用ルータCentreCOM AR220Eのファームウェアをアップデート。PPPoE使用時の一部不具合を修正など

IT・デジタル その他

 ネットワーク機器の製造販売を行うアライドテレシスは、ADSLやCATVなどで使用するルータ「CentreCOM AR220E」の最新ファームウェア 1.01を公開した。おもな修正は、PPPoE使用時に一部のウェブサイトへのアクセスができなくなるという不具合の解消。そのほか、管理画面の表記の細かな修正などがおこなわれている。ダウンロードには、ルータの底面にあるシリアル番号の入力が必要。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top