中国情報システム、20日より中国地方でフレッツ・ADSL対応サービスを開始 | RBB TODAY

中国情報システム、20日より中国地方でフレッツ・ADSL対応サービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

 中国情報システムサービスは、20日より中国5県でフレッツ・ADSL対応サービス「IP常時接続サービス(ADSL)」を開始する。申し込み受付は5日より開始されている。

 IP常時接続サービス(ADSL)は、加入料が3,000円、利用料金が年額24,000円(法人・個人同額)。学生や障害者には割引があり、加入料が無料、利用料が年額22.000円となる。そのほかに、オプションとしてダイアルアップ接続サービスを併用する場合には、年額3,000円の料金が加算される。利用料の支払い方法は、年額のみとなっている。

 サービスエリアは、広島県、山口県、岡山県、鳥取県、島根県のNTT西日本の提供地域が対象となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top