TTNet、FTTH/CATV/ADSL/ワイヤレス/インターネットマンションなど、各種アクセス回線モニタ800世帯を対象にブロードバンドコンテンツ配信実験を開始 | RBB TODAY

TTNet、FTTH/CATV/ADSL/ワイヤレス/インターネットマンションなど、各種アクセス回線モニタ800世帯を対象にブロードバンドコンテンツ配信実験を開始

ブロードバンド その他

 東京通信ネットワーク(TTNet)は、東京電力グループが提供する各種アクセス回線を利用したブロードバンドコンテンツ配信実験を行うと発表した。実験期間は7月〜12月の半年間。

 配信実験で利用されるアクセス回線は、東京電力のFTTH実用化試験、DCBecのCATV、スピードネットのワイヤレス、TTNetのADSL、TTNetのTTCNイーサネットサービスが導入されているインターネットマンション(今後、新築される)の5種類で、各アクセス回線ごとにモニタを募集する。モニタ募集世帯数は、FTTHが300世帯、、ワイヤレスが200世帯、CATV/ADSL/インターネットマンションが100世帯の合計800世帯だが、モニタ数は実験期間中に追加されるということだ。

 注目されるのは、配信されるブロードバンドコンテンツの内容だが、現在、予定されているコンテンツは吉本興業、スポーツ・アイネットワークなど数社から提供を受けることになるようだ。また、富士写真フイルムとは、静止画像のネットワークプリントで共同実験を実施する。

 今回の共同実験では、アクセス回線やコンテンツ配信など、さまざまな部分で東京電力グループ各社が協力しあっている点が注目したいところだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top