NEC、ブロードバンド接続とダイヤルアップ回線を簡単に使い分けられる家庭用無線ルータ「WARPSTAR Σ」を発表 | RBB TODAY

NEC、ブロードバンド接続とダイヤルアップ回線を簡単に使い分けられる家庭用無線ルータ「WARPSTAR Σ」を発表

IT・デジタル その他

 NECは、家庭向けの無線対応ルータ「WARPSTAR」シリーズの最新モデルとして、ADSL/CATVなどのブロードバンド接続と、ISDNやアナログモデムによる接続とを簡単に切り替えながらアクセスできる「WARPSTAR Σ」(AtermWB55TL/WB45RL)を発表した。WARPSTARシリーズは、100BASE-TX対応ハブを内蔵し、IEEE802.11b無線アクセスポイント機能にも対応できる、家庭用ルータ。ISDN環境向けのWB55TLと、アナログ環境(および外付けISDN TA)向けのWB45RLの2機種。

 ブロードバンドとナローバンドの切り替えは、メールや契約オプションの切り替えなどで、特定ISPのアクセスポイントに直接接続する必要がある場合に使用できる。

 主要インターフェースは以下のとおり。

AtermWB55TL:
 ブロードバンド用WANポート 10BASE-T(PPPoE対応)
 ナローバンド用WANポート ISDN(DSU内蔵、S点ユニット別)
 LAN側ポート 100BASE-TX 3ポート(ナローバンドのみの場合4ポート可)
 LAN側無線機能 IEEE802.11b対応(WL11C装着時)

AtermWB45RL
 ブロードバンド用WANポート 10BASE-T(PPPoE対応)
 ナローバンド用WANポート シリアル×1、USB×1(USBはAterm専用)
 LAN側ポート 100BASE-TX 3ポート(ナローバンドのみの場合4ポート可)
 LAN側無線機能 IEEE802.11b対応(WL11C装着時)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top