usen、本格的にブロードバンド事業展開をめざす。全国展開に向けて8支社に地区ブロードバンド事業部を新設 | RBB TODAY

usen、本格的にブロードバンド事業展開をめざす。全国展開に向けて8支社に地区ブロードバンド事業部を新設

ブロードバンド その他

 usenが、FTTHサービスに向けて本格的な動きを始めた。本日付けでusenは組織変更を実行し、ブロードバンド事業の全国展開に向けてブロードバンド事業推進室、ブロードバンドマーケティング部、全国8支社内に地区ブロードバンド事業部を新設した。同時にブロードバンドシステム部を廃止すると共に、ブロードバンド事業企画部システム課にブロードバンドシステム部の業務を移管した。事実上、USENのFTTHサービスは実験からサービスに向けたフェーズに入ったことを意味する。

 FTTHは光ファイバの敷設、家庭への引き込みという根本的な問題が存在し続けているが、USENの動きは全国の8支社に地区ブロードバンド事業部を新設するという形で、FTTHの普及に向けた動きをしている。USENの本格参入により、都市部ユーザはケーブル、ADSLに加えて、FTTHサービスも選べる可能性が出てきたといえる。


 なお、RBB TODAYではusenのFTTHサービスの本格的な参入に対して、同社社長の宇野康秀氏へのインタビューを実施した。この記事は改めて本ウェブサイト上で公開する予定でいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top