狭山ケーブル、速度モニターを募集。加入者速度の増速を検討か | RBB TODAY

狭山ケーブル、速度モニターを募集。加入者速度の増速を検討か

ブロードバンド その他

 狭山ケーブルテレビ(埼玉県)が速度モニターの募集を開始した。実験内容は、最大速度を下り512kbps、上り256kbpsにアップするというもの。実験期間は6月18日〜8月末まで。
 
 現在、同社はプライベートIPアドレスを利用するベーシック(下り128kbps)とアドバンス(下り256kbps)、グローバルIPアドレスが割り当てられ、サーバ構築も可能なスーパー(下り256kbps)とスーパープロ(下り512kbps)の4種類のメニューを提供している。

 今回の速度モニターへの参加資格があるのは、上記4メニューのうちベーシックとアドバンスの2コースの加入者である。モニターには、既存加入者だけでなく、新規加入者も参加できる。また、アドバンスの場合には速度アップだけでなく、動的グローバルIPアドレスも1個付与されることになっている。

 同社は、今回の速度モニター実験について「将来的に速度アップも視野に入れているが、現段階では何もいえない。実際に実験して検討する」としている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top