福井の地域ISP「Mitene」が、北陸3県で独自ADSL接続サービスを準備。サービス開始は6月中旬より福井市・金沢市・富山市の一部より | RBB TODAY

福井の地域ISP「Mitene」が、北陸3県で独自ADSL接続サービスを準備。サービス開始は6月中旬より福井市・金沢市・富山市の一部より

ブロードバンド 回線・サービス

 福井県のISP「Mitene」は、6月中旬より同社独自のADSL接続サービス「MiteneオリジナルADSL」コースを新設すると発表した。福井県内のISPが独自のADSL接続サービスを提供するのは初めてのこととなった。

 「MiteneオリジナルADSL」コースは、下り速度256kbpsの「MiteneオリジナルADSL256コースと、下り速度1.5Mbpsの「MiteneオリジナルADSL1500コース」というように、速度別に2つのコースが用意されている。利用料は、ADSL256コースが4,300円、ADSL1500コースが4,700円と設定されている。

 本サービスは、福井県福井市、石川県金沢市、富山県富山市の一部地域からサービス開始、今年度中に福井県福井市南部、敦賀市、武生市、鯖江市、大野市、丸岡町に拡大する予定でいる。

 基本的なサービス内容は、同社のダイアルアップ接続サービスと同様に、1個のメールアカウント、1個のダイアルアップアカウント、5Mバイトのコンテンツボックスが含まれる。メールアカウントはオプションで追加することもできる。

 また、同社はすでに4月27日よりダイアルアップサービスで、フレッツ・ADSLへの対応を開始した(福井県内)。フレッツ・ADSLへのオプション料金などは必要なく、ダイアルアップ接続料1,480円(月額)で利用できるようになる。

 現在、北陸3県では、フレッツ・ADSL、北陸通信ネットワークによるADSL接続サービス(6月上旬より)、各ケーブルテレビ会社によるCATV
インターネットと、徐々に競合が激しくなりつつある。
 
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top