武蔵野三鷹、7月よりADSL「定額コース」の利用料を4,900円に値下げ。また、抽選(100名)で初期費用が無料になるキャンペーンを実施 | RBB TODAY

武蔵野三鷹、7月よりADSL「定額コース」の利用料を4,900円に値下げ。また、抽選(100名)で初期費用が無料になるキャンペーンを実施

ブロードバンド 回線・サービス

 武蔵野三鷹ケーブルテレビは、7月よりADSL「定額コース」の利用料を5,200円から4,900円に値下げする。同社は、ADSL接続サービスを昨年12月28日より開始し、武蔵野局、三鷹局、吉祥寺局、武蔵境局の4局で提供している。19日現在では、三鷹局が完売状態となっている。現在、次期加入分の早期予約を受け付けているが、設備増設の予定は明らかにされていない。

 同社は、ADSL「定額コース」に対してプロバイダ切り替えユーザと新規加入者(プロバイダ未加入者)を対象とした「ADSL高速体感キャンペーン」を実施する。申し込み締め切りは6月12日、抽選は13日。キャンペーンの概要は次のとおり。

 A賞:プロバイダ切り替えユーザ限定100名
    抽選で100名が初期費用(30,000円)が無料
 B賞:A賞がはずれた方と他プロバイダ未加入の新規加入者
    抽選で500名が初期費用(30,000円)が15,000円

 また、プライスキャップ料金制のCATVインターネット接続サービス「IA-768kbpsコース」でも、6月末まで初期費用が割引になる「スピードアップキャンペーン」を実施している。このキャンペーンでは、多チャンネルとの同時加入では先着200名が初期費用20,000円となる(通常は多チャンネルが43,000円、CATVインターネットが30,000円)。CATVインターネット接続サービス単独加入では、先着100名が半額の15,000円(一戸建て)となる。ただし、新築一戸建てやパークシティ未対応集合住宅の場合には、上記キャンペーン価格と異なるため、詳細は問い合わせてほしいとのこと。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top