NTT西日本、光ファイバを使ったイーサネット網サービス「アーバンイーサ」を発表 | RBB TODAY

NTT西日本、光ファイバを使ったイーサネット網サービス「アーバンイーサ」を発表

ブロードバンド 回線・サービス

 NTT西日本は、光ファイバを使用した都市圏イーサネット網サービス「アーバンイーサ」について、認可申請と料金の届け出をおこなったと発表した。このサービスは、NTT東日本がすでに提供しているメトロイーサと同様のもの。

 サービスメニューは100Mbpsと1Gbpsの2種類で、いずれも帯域が保証されている。月額使用料は、100Mbpsで合計175,000円、1Gbpsで合計600,000円となっている。このほか、屋内配線使用料(2,000円/月)が別途加算される場合がある。また、イニシャルコストとして、契約料(800円)および工事費が別途必要。

 提供されるインターフェースは、100BASE-TX、もしくは100BASE-SX/LX。

 サービス開始当初の提供エリアは、大阪06エリアのうち、大阪市北区・西区・中央区・福島区・都島区の各一部となっており、需要に応じて大阪06エリア内、および政令指定都市などへと拡大していくとしている。

 アーバンイーサは、帯域保証とバーチャルLAN設定により、専用線サービスのように利用することができ、しかもマルチポイント型の通信も可能なサービスである。これにより、ISPのコンテンツ配信や、企業が拠点間で大容量のデータを交換することが低コストで可能になる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top