DDIポケット、モバイル向けの定額〜準定額でインターネット接続のできるAirH”(エアーエッジ)サービスを開始 | RBB TODAY

DDIポケット、モバイル向けの定額〜準定額でインターネット接続のできるAirH”(エアーエッジ)サービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

 DDIポケットは、PHSベースでモバイルインターネット接続をおこなう新サービス「AirH”」(エアーエッジ)を6月1日より開始すると発表した。

 AirH”では、32kbpsパケット通信を採用したり、有線区間にIP網を構築することでデータ通信の低コスト化をはかっている。

 AirH”サービスを利用する場合、パケット対応のAirH”対応端末と、AirH”対応のISPを使用する必要がある。端末については、現時点ではSII(セイコーインスツルメンツ)が対応端末(PCカードタイプおよびCFカードタイプ)を発売する予定。ISPについては、PRIN(DDIポケット)とDION(KDDI)が対応する。

 6月1日からスタートするのは、25時間分の通信料金を含んだ準定額サービス「ネット25」で、月額基本料金は5,800円。およそ7時間以上通信するユーザであれば、従来の回線交換の料金コースよりも得になる。超過分については通常の回線交換時と同じ10円/分が課金される。

 完全固定料金の「つなぎ放題コース」は8月にスタートの予定。月額基本料金は7,000円で、約27時間以上の利用でネット25よりも割安になる。かなりのヘビーユーザー向けといえる。

 これら2つのコースは年間契約割引と長期利用割引・複数回線割引が適用されるため、すべて適用した場合、ネット25が4,150円(割引額は1,650円)、つなぎ放題コースが5,050円(割引額は1,950円)で利用できる。

 なお、「ネット25」「つなぎ放題コース」とも、ISPの利用料金が別途必要。

 この秋に計画されている128kbpsへのスピードアップが順調に実施されれば、モバイル向けのデータ通信サービスとして一気に普及する可能性は高そうだ。


訂正:2001年5月17日にタイトルを訂正しました

 掲載当初、タイトルに「DDIポケット、モバイル向けとしては日本初の、定額〜準定額でインターネット接続のできるAirH”(エアーエッジ)サービスを開始」としておりましたが、北海道総合通信網などによるPHS端末を使用した定額サービスがありました。したがいまして、本サービスについての「日本初」という表現は誤りであり、訂正いたしました。関係者の皆様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top