竜王メディア、ADSLサービスの開通スケジュールをアップデート。モデムは米国を出荷され、増設および新規エリアは6月上旬から、と | RBB TODAY

竜王メディア、ADSLサービスの開通スケジュールをアップデート。モデムは米国を出荷され、増設および新規エリアは6月上旬から、と

ブロードバンド 回線・サービス

 竜王メディアセンター(滋賀県)は、現在ADSLモデムの不足によってサービス提供が遅れていることについて、開通スケジュールの目処が立ったと発表した。

 それによると、米国製のADSLモデムの不足によってサービス提供や有線放送局内での開局が遅れていたが、5月12日に米国を出荷されたと発表。現在「未開通」もしくは「増設」とされている地域について6月上旬から開通されるという。

 なお、開通済みの局についても、収容可能数はほぼいっぱいで、公開されているセンター側の残り回線数はいずれも1局あたり2〜10回線程度。これを超えた場合、局側モデムの増設が必要となり、6月上旬以降の開通になる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top