アライドテレシス、HomePNA 1.1対応のスイッチングハブを発売 | RBB TODAY

アライドテレシス、HomePNA 1.1対応のスイッチングハブを発売

IT・デジタル その他

 アライドテレシスは、HomePNA 1.1×24ポートのスイッチングハブを5月11日より発売した。アップリンク・カスケード用に10BASE-T/100BASE-TX自動認識ポートを2つ備えている。

 今回発売されたのは、SNMP管理機能などを備えたCentreCOM HS826TX V1と、管理機能を省略したCentreCOM HS726TX V1の2モデル。いずれも電話線を利用して最大150メートル、1Mbpsの通信が可能となっている。

 両モデルともマルチプルVLAN機能を備えており、ポート間のセキュリティが維持されるようになっている。各HomePNAポートをMDFで電話線にパラレルで接続することで、集合住宅のインターネット対応化などが手軽に実現できるという。

 各部屋に設置する機器として、イーサネットとの変換を行う「CentreCOM HS703T V1」と、USBでPCに接続する「CentreCOM HS703U V1」もラインアップされている。

価格:
 CentreCOM HS726TX V1:198,000円
  (10/100BASE-TX×2、HomePNA×24)
 CentreCOM HS826TX V1:248,000円
  (10/100BASE-TX×2、HomePNA×24 管理機能あり)

 CentreCOM HS703T V1:15,000円
  (10BASE-T×1、HomePNA)
 CentreCOM HS703U V1:9,800円
  (USB、HomePNA)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top