ランゲートジャパン、既存マンション向けのブロードバンド接続サービスを今夏以降に提供開始 | RBB TODAY

ランゲートジャパン、既存マンション向けのブロードバンド接続サービスを今夏以降に提供開始

ブロードバンド その他

 ランゲートジャパンは、既存のマンションやホテル、病院などを対象とした、ブロードバンド接続サービスを夏以降にスタートさせる。光ファイバと無線によってサービス対象の建物と接続し、建物内ではTV共聴アンテナ線を使って通信を行うというもの。サービスメニューは、個人契約の「まるまる720」と法人契約の「まるごと10」の2つ。

 まるまる720は、分譲マンションを対象にしたもので、通常のISPと同様に個人契約となっている。個々の居住者にかかる費用は、初期費用が29,500円、月額利用料が2,790円とかなり低コストに設定されている(その他に棟ごとの工事費が発生)。まるまる720の試験サービス予定は以下のとおり。

 2001/7 試験調査調査
 2001/8 京都市およびその周辺で試験サービス開始
 2001/9 本サービススタート。大阪北摂地区
 2001/10 大阪市および周辺地区・東京周辺の居住地区

 現在、サービス対象のマンションとして公表されているのは、京都市右京区の127棟のマンション。


 また、まるごと10は、賃貸マンション・ホテル・病院を対象としたもので、法人契約となっている。これにより、マンションやホテルなどのオーナーは部屋の付加価値を高めることができる。まるごと10については、今年9月に全国一律でサービスを開始する予定とのことだ。1契約あたり、初期契約料が39,500円、月額利用料が1,950円となっている。

 なお、現在Welcomeキャンペーンとして、初期費用の割引が行われている。まるまる720については棟ごとの工事費595,500円が無料に、まるごと10については1契約あたりの初期契約料59,500円が39,500円に割り引かれている。キャンペーンは8月末までの申し込みが対象となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top