ケーブルテレビ足立、6月より下り速度を大幅アップ。ベーシックは1Mbps。さらに2Mbpsのスタンダードコースを追加 | RBB TODAY

ケーブルテレビ足立、6月より下り速度を大幅アップ。ベーシックは1Mbps。さらに2Mbpsのスタンダードコースを追加

ブロードバンド 回線・サービス

 ケーブルテレビ足立は、5月1日と6月1日の2回に分けて、下り速度を2段階に分けて大幅にアップする。また、6月1日からは従来のベーシックコースとプレミアムコースの中間に位置するスタンダードコースを追加する。

 第1段階の5月1日に増速されるのはプレミアムコースで、利用料据え置きで下り1Mbpsから2Mbpsへと速度倍増となる。

 第2段階の6月1日には、プレミアムコースはさらに増速となり、下り3Mbpsとなる。このときも、利用料は据え置きとなる。現在の速度と比較すると、約1か月後には3倍の速度と大幅なアップとなる。

 5月1日に速度がアップされないものの、ベーシックコースも6月1日からは約2倍の速度の1Mbpsに増速となる。さらに、利用料も200円下がり、4,800円に変更となるなど、サービス内容がかなりよくなる。

 また、6月1日よりベーシックコースとプレミアムコースの中間に位置する「スタンダードコース」がメニューに追加されることになった。スタンダードコースは、下り速度が2Mbpsと高速度なうえに、利用料金も5,800円と平均的な価格帯のサービスだ。上り速度や基本サービスの内容などの詳細は不明だが、ベーシックコースとほぼ同じと考えてもよいだろう。

ベーシックコース
 速度:下り512kbps -> 1Mbps
 利用料:5,000円 -> 4,800円

プレミアムコース(利用料は従来通り)
 下り1Mbps -> 2Mbps(5月1日より) -> 3Mbps(6月1日より)
 
新規:スタンダードコース
 速度:下り2Mbps
 利用料:5,800円

 なお、同社は6月1日より基本サービスに含まれるホームページ容量を現在の5Mバイトから10Mバイトに増加することを検討している。検討段階なのは、サーバ拡張によってアクセスカウンタが0になることから、ユーザーの事前確認を行っているためだという。そのため、ユーザーの反応しだいでは、現行の5Mバイトのままとなることもありえる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top