NTTコミュニケーションズ、IPv6によるインターネット接続サービスをスタート。ネイティブサービスとトンネリングサービスの2本立て | RBB TODAY

NTTコミュニケーションズ、IPv6によるインターネット接続サービスをスタート。ネイティブサービスとトンネリングサービスの2本立て

ブロードバンド テクノロジー

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、専用線系のOCNサービスでIPv6が利用できるグローバルIPv6インターネット接続サービスを4月27日より開始すると発表した。

 27日にサービスが開始されるのは、ネイティブでIPv6網への接続を行う「IPv6ゲートウェイサービス」。これはNTT Comが運営するグローバルIPv6バックボーン(後述)への接続を可能とするもの。2002年3月31日まで試験提供のかたちで提供され、その後通常の商用提供に移行する予定という。

 また、IPv4ネットワークを使ってIPv6をトンネリングさせる「OCN IPv6トンネリングサービス」も提供される。これは先進的な企業や個人向けということで、かなり低料金で利用できるサービスとなっている。ユーザ側にはIPv4でIPv6をトンネリングできる通信機器が必要。IPv4ネットワークも通常のOCNサービスと同じに利用できる。

 NTT Comは、これらのサービスの提供にあわせて、米Verio社と共同で日米欧をつなぐ初の広域網「グローバルIPv6バックボーン」の商用運用も開始する。


ネイティブタイプ「IPv6ゲートウェイサービス」
 IPアドレス数:(ユーザの利用環境に応じて割当て)
 月額利用料金:(専用線接続については別途アクセス回線料金が必要)
    95,000円 (専用線接続 64kbps)
   142,000円 (専用線接続 128kbps)
   980,000円 (専用線接続 1.5Mbps)
   400,000円〜(局内LAN接続 最大10Mbps 256kbps時)
  2,600,000円〜(局内LAN接続 最大100Mbps 5Mbps時)
 提供開始日:2001年4月27日
 提供場所:東京・大手町(NTT大手町ビル)


トンネリングタイプ「OCN IPv6トンネリングサービス(仮称)」
 IPアドレス数:2の80乗個(/48)
 月額利用料金:(別途OCN接続料金・アクセス回線料金が必要)
   2,500円(OCNエコノミー)
   14,000円(OCNスタンダード)
   50,000円(OCNエンタープライズ)
   31,000円(OCNスーパーOCN・ライト)
 提供開始日:2001年6月予定
 提供場所:上記OCNサービスエリア全域


 なお、ネイティブタイプのIPv6ゲートウェイサービスについては、日本電気(BIGLOBE)、富士通(@nifty)、NTT PCコミュニケーションズ(InfoSphere)、松下電送システムが最初のユーザとして利用する予定という。

 BIGLOBEや@nifty、InfoSphereでエンドユーザ向けのIPv6接続サービスがスタートするかどうかは、現時点ではまだそれぞれのISPから発表されていないが、IPv6の直接提供はIPv6インターネットの普及のきっかけともなり得るところであり、期待したいところだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top