OMP、6Mbpsの専用線サービスにエコノミーメニューを追加。従来サービスの約半分のコストに | RBB TODAY

OMP、6Mbpsの専用線サービスにエコノミーメニューを追加。従来サービスの約半分のコストに

ブロードバンド 回線・サービス

 大阪メディアポートは、高速デジタル専用線サービスの6Mbps品目に、エコノミークラスサービス「DE6000」を追加した。

 DE6000サービスは、同一府県内で接続するもので、通常クラスとは「回線単位での監視を行わない」「回線障害時にユーザーへの通知をおこなわない」「SLA(サービスレベル保証)が適用されない」という違いがある。

 15km以内の接続の基本回線使用料は、タイプ1(営業時間内のみの故障修理)が34万3千円、タイプ2(365日24時間の故障対応)が35万8千円となる。通常クラスは68万8千円/月なので、おおよそ半額となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top