J-COM、3月末の総加入世帯が97万を突破。前年同期比で1.88倍に | RBB TODAY

J-COM、3月末の総加入世帯が97万を突破。前年同期比で1.88倍に

ブロードバンド その他

 J-COM(ジュピターテレコム)は、3月末の時点で全J-COM局への総加入世帯数が97万8千世帯に達したと発表した。2000年3月末が51万9800世帯とのことで、1年で88%の増加となった。「総加入世帯」は、CATV、電話、インターネットの少なくとも1つのサービスを利用しているユーザー数の合計。

 この伸びは、タイタス・コミュニケーションズやケーブルネットワークやちよ、藤沢ケーブルテレビの合併による増加だけでなく、既存J-COM局の加入世帯数増加(27万2200世帯、52%増)も寄与している。

 このうち、インターネット接続サービスへの加入数は全国合計で18万3400世帯。前年同期が2万2000世帯で、734%の増加となっている。

 最近はADSLのユーザー急増に目が行きがちだが、CATVインターネットのユーザーの増加も著しいことがあらためて示されたと言えよう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top