ZAQ系列の6社が4月より初期費用を値下げ。J-COM系列局は同時加入ならば半額以下に | RBB TODAY

ZAQ系列の6社が4月より初期費用を値下げ。J-COM系列局は同時加入ならば半額以下に

ブロードバンド 回線・サービス

 J-COM関西系の5社(J-COM関西宝塚川西局、J-COM関西かわち局、J-COM関西りんくう局、J-COM関西和歌山局、J-COM関西堺局)は、4月より初期費用を値下げする。これら5社はJ-COMグループ系列のCATV会社だが、インターネット接続サービスはZAQを利用している。特に、CATVとインターネットサービスの同時加入の場合は値下げ幅が大きく、従来の40%の20,000円となった。新料金は以下のとおり。

  CATVとインターネット同時加入:50,000円 -> 20,000円
  インターネットのみ新規加入:35,000円 -> 30,000円
  CATVのみ新規加入:35,000円 -> 20,000円
  インターネットに追加加入(CATV既加入者):25,000円 -> 20,000円

 また、インターネット接続サービスにZAQを利用している吹田ケーブルビジョンも4月より工事費を値下げした。新料金は以下のとおり。

  CATV引き込み標準工事費(戸建て):18,000円 -> 15,000円
  CATV宅内標準工事費(戸建て):17,000円 -> 14,000円
  ZAQ標準宅内工事費(戸建て・集合住宅):17,000円 -> 14,000円

 ADSL対抗手段として接続速度をアップしたり、利用料値下げの流れが多いなか、初期費用を値下げするという方法を選択しているところは関西地方らしい。これまでCATV会社の初期費用は高いといわれてきたが、今回の値下げによりADSLとほぼ互角になったといえよう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top