マイ・テレビ、定額制「Freedam128」を大幅拡張。個人向け1.5Mbpsで月額5,650円など合計8種類のサービス提供へ。6月より | RBB TODAY

マイ・テレビ、定額制「Freedam128」を大幅拡張。個人向け1.5Mbpsで月額5,650円など合計8種類のサービス提供へ。6月より

ブロードバンド 回線・サービス

 マイ・テレビ(東京都立川市、国立市、武蔵村山市、昭島市、東大和市)が、6月1日より定額制コース「Freedam128」のサービス内容を大幅に変更する。

 改定後のFreedam128は、まず一般向けのプライベートユースとサーバー設置などが可能なビジネスユースの2つに大きく分類される。その上で、プライベートユースは「Personal 512」「Global 512」「Personal 1500」「Global 1500」と、下り速度とIPアドレスの種類によって4つのメニューが用意された。また、ビジネスユースでは下り速度別に「Office 256」「Office 512」「Office 1000」「Office 1500」の4種類のメニューとなる。

 IPアドレスは、プライベートユースの「Personal 512」と「Personal 1500」の2メニューのみがプライベートIPとなるが、他のメニューはすべてグローバルIPが割り当てられる。なお、ビジネスユースでは、すべて固定グローバルIPが割り当てられることになっている。

 利用料金は、パーソナルユースでは、Personal 512とGlobal 512が4,950円、Personal 1500とGlobal 1500が5,650円と、グローバルIPを利用してもわずか700円しか差がないし、現行サービスよりも値下げされている。また、ビジネスユースでは、Office 256が15,000円、Office 512が30,000円、Office 1000が60,000円、Office 1500が120,000円と設定される。

 同時に、インターネットに接続するパソコンも複数台接続が可能となるほか、初期ディスク容量も5Mバイトから20Mバイト(パーソナルユース)へと増加される。なお、改定前のFreedam128(現サービス)は、下り速度128kbpsで月額6,300円の1メニューしかなく、インターネットに接続パソコンも1台に限定、IPアドレスもプライベートIPのみしか対応していない。

 現在、従量制やFreedam128を利用しているユーザーは、6月20日までが無料移行期間となるようだ。なお、Freedam128を利用しているユーザーの場合には、5月20日までにコース変更手続きをしない場合には、自動的にPersonal 1500へ移行となる。コース変更は4月26日より同社のホームページから受け付けが開始される。

(このニュースは読者の方からお寄せいただいた情報を編集部で確認したものです。情報を提供していただいた方、ありがとうございました)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top