東めた、DSL回線をKDDIのブロードバンドDIONに提供。KCOMに続いて2社目 | RBB TODAY

東めた、DSL回線をKDDIのブロードバンドDIONに提供。KCOMに続いて2社目

ブロードバンド その他

 東京めたりっく通信がKDDIにDSL回線を提供することになった。KDDIへの回線提供は、KCOM(KDDIの100%子会社)に続いて2社目となる。具体的なサービス名称や利用料については、4月中に発表される予定。

 KDDIは、従来の法人を対象とした常時接続サービスから個人向けのブロードバンドDIONへとブロードバンドサービスを戦略的に推進している。ブロードバンドDIONでは、ADSLコースwith「フレッツ・ADSL」や光ファイバーコースwith「光・IP通信網(基本)」、18日よりサービスが開始される同社独自のADSLコースの3種類のブロードバンドサービスを提供している。

 今回の東京めたりっく通信との提携により、KDDIはブロードバンドDIONの4番目のメニューを提供する可能性が高くなった。なお、KCOMへの回線提供では、上り速度と下り速度が同じSDSLサービスを提供するものである。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top