C3YOKOHAMA、ALLNETサービスからNTTコムに変更。新サービスは下り1.5Mbpsで月額5,500円へとサービスを拡張 | RBB TODAY

C3YOKOHAMA、ALLNETサービスからNTTコムに変更。新サービスは下り1.5Mbpsで月額5,500円へとサービスを拡張

ブロードバンド 回線・サービス

 C3YOKOHAMAは、旧タイタス・コミュニケーションズが提供していたALLNETサービスからNTTコミュニケーションズのインターネットサービスへと変更すると発表した。

 現在提供されているALLNETのベーシックメニューは、下り速度512kbpsから1.5Mbpsへと大幅に増速され、利用料も6,000円から5,500円へと値下げされる。また、オプションサービスもホームページ容量が無制限に追加できる等、従来よりも拡張される。新規サービスの実施は6月初旬、既存ユーザーの移行は6〜7月(2か月)にかけて実施する予定。なお、プレミアムメニュー以上のメニューに関しては、同等のメニューが用意できるまで現行のメニューが継続されることになった。

 タイタス・コミュニケーションズとジュピターテレコムの統合でサービス提供が廃止されることになったALLNETサービスをめぐり、上位接続先のISPを検討していたCATV会社はC3YOKOHAMA、横浜テレビ局、調布ケーブルテレビジョン、江戸川ケーブルテレビと4社あった。4社のうちC3YOKOHAMAと調布ケーブルテレビジョンがNTTコミュニケーションズに変更し、横浜テレビ局と江戸川ケーブルテレビが@NetHomeへと移行することになった。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top