総務省、3月末のDSL普及状況について公表。先月末と比較して2倍の急増 | RBB TODAY

総務省、3月末のDSL普及状況について公表。先月末と比較して2倍の急増

ブロードバンド その他

 総務省は、NTT回線を利用するDSLについて、3月末の加入者数を公表した。

 それによると、2001年3月末日時点での全国での加入総数は68,746。この数字は、1ヶ月前の2001年2月末時点での34,372加入のほぼ2倍だ。このうちNTT東日本エリアが50,679、NTT西日本エリアが18,067となっている。スタート当初から言われるDSLの東高西低という傾向はまだまだ続いている。ただ、フレッツ・ADSLのユーザーは、NTT東日本エリアで13,939、NTT西日本エリアで9,760となっており、フレッツ・ADSLユーザーについては東高西低ともいえないようだ。

 全体に占めるNTT(フレッツ・ADSLサービス)のシェアは、東日本エリアで27.5%、西日本エリアで54,02%となっており、全国では34.47%だ。昨年12月末に発表した後発の事業者としてはかなりのシェアとなっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top