通総研、大型の太陽フレアが発生と発表。通信機器への影響懸念 | RBB TODAY

通総研、大型の太陽フレアが発生と発表。通信機器への影響懸念

ブロードバンド その他

 通信総合研究所(総務省)は、日本時間の4月3日午前6時30分頃、大型の太陽フレアが観測されたと発表した。太陽フレアは太陽表面の爆発現象で、地磁気嵐や太陽プロトンなどを発生させる。地上ではこの影響により、無線通信や衛星との通信の障害が起きるおそれがある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top