岩手ケーブル、5月1日より下り1.5Mbpsで月額4,900円、12,000円の2コースに改定 | RBB TODAY

岩手ケーブル、5月1日より下り1.5Mbpsで月額4,900円、12,000円の2コースに改定

ブロードバンド 回線・サービス

 岩手ケーブルテレビジョンは、5月1日より現在の128kコース、256kコース、512kコースという速度別のサービスメニューを、下り1.5Mbps、上り192kbpsで月額4,900円の「レギュラー」と、下り1.5Mbps、上り384kbpsで12,000円の「パワー」という2つのサービスメニューに変更する。

 導入された2つのコースの大きな違いは、上り速度とオプションでグローバルIPアドレス(固定)を利用できるかどうかの2点のみ。基本的には、どちらのコースも1個のメールアカウント、10Mバイトのディスク容量、プライベートIPの自動割り当てとなる。新メニューの速度と利用料は次のとおり。

  レギュラー:下り1.5Mbps、上り192kbps、月額4.900円
  パワー:下り1.5Mbps、上り384kbps、月額12,000円

 現在の128kコースユーザはレギュラーコースへ、256k/512kコースユーザはパワーコースへと自動的に移行される。ただし、今回のメニュー変更では、レギュラーコースでのグローバルIPアドレスオプションは利用できない。そのため、現在の128kコースにオプションでグローバルIPアドレスを利用しているユーザは、レギュラーコースへ変更するか、現在の128kコース+グローバルIPオプションとして継続するかのどちらかとなる。

 また、512kコースユーザの場合、パワークラスの基本サービス以上のサービス内容(2個目以降のメールアカウントや21Mバイト以上のディスク容量、標準だった固定グローバルIPアドレスの利用など)は、オプション扱いとして月額利用料に加算される。

 従来のサービスメニューと比較した場合、旧128k/512kコースは大幅な増速と料金値下げ、旧256kコースは大幅な増速となっている。また、オプションのグローバルIPアドレスは月額500円と安価な料金であるうえ固定割り当てであるので、サーバを構築したり、VoIPやネットワークゲームなどのアプリケーションを利用するのであれば、パワーコースがお勧めといえる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top