音楽からデジタルコンテンツ全般へ。OpenMGがデジタルコンテンツ配信ビジネス用に著作権管理システムOpenMG Lightを開発 | RBB TODAY

音楽からデジタルコンテンツ全般へ。OpenMGがデジタルコンテンツ配信ビジネス用に著作権管理システムOpenMG Lightを開発

IT・デジタル その他

 ソニーは、OpenMGを幅広くデジタルコンテンツの配信ビジネスに対応させたテクノロジとして、OpenMG Lightを発表した。

 OpenMG Lightは、サーバ-クライアント型の著作権管理・配信システムで、OpenMGの機能をサーバ側機能とクライアント側機能に分散させたテクノロジである。サーバ側の「OpenMG Lightサーバシステム」と、コンテンツ側のソフトウェア「OpenMG Lightクライアント」で著作権管理と配信を分担することで、OpenMGと同等の著作権管理を実現しながら、クライアントソフトウェアの負荷やサイズをコンパクト化した。特に、携帯電話やPDAといった機器での採用に向けて開発されている。

 サーバ側のOpenMG Lightサーバシステムには、サービスの追加や変更もできるため、既存の課金システムや配信システムとの混成が容易にできるような形になっている。このため、アクセスの負荷分散や多数の同時アクセスがあるサービスにも柔軟に対応する。また、モバイル環境に向けてダウンロード中の通信切断にも対応し、配信を途中から再開する機能も装備している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top