JANISがパラダインのHotwireを利用。長野、松本、上田、塩尻で採用し、局間接続を光ファイバに。今後は長野県内全域でのサービス展開を予定 | RBB TODAY

JANISがパラダインのHotwireを利用。長野、松本、上田、塩尻で採用し、局間接続を光ファイバに。今後は長野県内全域でのサービス展開を予定

ブロードバンド その他

 長野県を中心としてADSLサービスを提供するJANISネットワーク(長野県協同電算)は、米パラダインのADSLシステムを採用し、長野市、松本市、上田市、塩尻市の各局を光ファイバで接続する。また、今後はこのシステムを使い、長野圏内全域でサービスを開始する。

 パラダインのHotwire ADSLシステムは、局側のアップリンクインターフェイスがイーサネットであることから、そのままNTT東日本の光網に接続できる。ダイレクトにDSLAMと光ファイバを接続できることより競争力のあるシステムが構築できるとしている。

 現在、JANISネットワークは2000契約数を超える利用者がおり、今後はNTTの光網を利用して長野県全域でADSLサービスの提供を予定している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top